野村万作萬斎狂言会 第25回記念 《振替公演》

 振替公演

 ☆狂言三代☆

 人間国宝・野村万作、萬斎らによる大阪唯一の能楽堂定例会。25回記念の振替公演では裕基の小舞を追加、アップグレード版でお届けします。
 巧まざる絶妙の話芸で人気の「万作芸話」、次代を担う裕基の清新な小舞に続く「ぬけから」は、水面に映る鬼に恐れおののき、やがて己の姿だと悟って嘆き悲しむ心情の変化を活写する、萬斎渾身の独演が見もの。また「業平餅」では色好みの美男で名高い歌仙・在原業平を、米寿を超えてさらなる円熟、枯淡を極める万作の至芸でご覧戴きます。華やかな装束の行列も見所で、中でも稚児役の三藤なつ葉は初お目見え。祖父万作・伯父萬斎・従兄裕基と共に、万作三代が顔を揃えます。 先の見えない厳しい日常が続くこんな時こそ、600年を超えて生き続ける狂言、とりわけおおらかで軽妙洒脱、緻密にして情感豊かな《江戸前狂言》を堪能し、英気を養って戴ければ幸です。


番組
  芸話  野村万作 人間国宝の豊富な話題、深い語りで大好評。

小舞 名取川 なとりがわ 野村裕基 地謡:深田博治 月崎晴夫 中村修一 内藤連

 川に流された名を掬う?…狂言らしいとぼけた味わいを写実な表現で。同名狂言に拠る《川尽くしの舞》。


ぬけから ぬけがら 野村萬斎 野村太一郎

 使いを命じられた太郎冠者は振舞い酒をねだって何杯も飲み、ご機嫌で出かける途中で眠りこみ、主人が見つけて、懲らしめに鬼の面をかぶせて帰る。目が覚めて水を飲もうとした冠者は、清水に映る鬼の姿に驚いて…。


業平餅 なりひらもち 野村万作 深田博治 中村修一 三藤なつ葉 内藤連 月崎晴夫 石田幸雄 野村裕基

 在原業平が行列もにぎやかに社参の道中、餅屋で休息して餅を食べたいが持ち合わせがない。餅尽くしで謡い、餅屋が娘を呼びに行く隙に餅を頬張って喉に詰まらせ、目を白黒。娘の美しい姿を見て妻にしようというが…。


日時
2020年9月8日㈫19時開演・9日㈬13時開演
 *開場は各開演の30分前 *5月14日・15日の振替公演です
会場
大槻能楽堂 大阪市中央区上町A-7 TEL06-6761-8055
出演
野村万作 野村萬斎 石田幸雄 深田博治 月崎晴夫 中村修一 内藤連 野村裕基 野村太一郎 三藤なつ葉
チケット
7月10日(金)発売開始 (振替再発売につきS席は僅少となっております)
S席7700円 A席6600円 B席5500円 学生2500円(25才以下、M&Oplaysのみ取扱)
●お問合せ:M&Oplays 03-6427-9486
チケットぴあ  0570-02-9999 [Pコード:501-956]
e+(イープラス) (PC、携帯)
・大槻能楽堂   06-6761-8055 窓口販売のみ

*未就学児の入場はご遠慮下さい。

●企画製作・(株)M&Oplays

5月公演延期によるチケット振替と払戻のご案内

今般の緊急事態をふまえ、当初予定の5月から9月に振替させていただきます。お客様にはご迷惑をおかけしますが、ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

 

◎ご購入済チケットの振替取扱(正規販売元でご購入のチケットに限定)

5月14日㈭19時のチケットは、9月8日㈫19時に限り有効
5月15日㈮13時のチケットは、9月9日㈬13時に限り有効

と致します。そのまま公演当日にご持参いただければ、ご入場いただけます。
振替日の変更(5/14→9/9または5/15→9/8)はできません。

 

◎払い戻しをご希望の場合

◇M&Oplays でご購入のチケット
弊社より詳細ご案内を郵送しておりますので、ご確認下さい。
※払戻受付は5月22日(金)必着ですので、ご注意ください。
≪お問合せ≫TEL03-6427-9486(平日11時〜15時)

 

◇チケットぴあ でご購入のチケット
≪払戻期間≫ 4月18日(土)〜 7月31日(金)
≪払戻方法≫http://t.pia.jp/guide/refund.jsp
≪お問合せ≫チケットぴあサイト→ヘルプページ→ヘルプ検索よりお問合せください

 

◇イープラス でご購入のチケット
≪払戻期間≫4月18日(土)~2020年5月22日(金)23:59まで
※払戻期間を過ぎてからの払い戻し対応はいたしませんので、ご注意ください。

≪払戻方法≫https://eplus.jp/refund2/

 チケットの受取方法や支払方法などにより払い戻し方法が異なります。
 チャートを進んで、払い戻し方法をご確認ください。

≪払戻方法のご案内≫http://eplus.jp/refund2-toiawase/